BIGについて

-メインコンセプト-

「全てのゴールキーパーが専門的指導を受けることができる環境」を目指します。

ゴールキーパーは専門的なトレーニングが必要であるのに対し、ゴールキーパーコーチが在籍しているチームばかりではありません。普段ゴールキーパーの専門的な指導を受ける機会が無い、少ない選手に是非参加してもらいたいと思い開校しました。また、本スクールではゴールキーパーの技術向上のみではなく、主体性を持って行動できる選手を育成したいという想いもあります。

ゴールキーパーは特別なポジションです。試合に出れる人数は限られていますし、プロ選手として活躍できる選手もほんの一握りです。その中で自分の役割を理解し、自ら考えて行動できるように成長してもらいたいです。

自分自身の経験を踏まえて世界(社会)で活躍できる自立したゴールキーパーの育成を目指します。

-スクール名の由来-

「BIG(ビーアイジー)」は「Be an Ideal Goalkeeper:理想的なゴールキーパーになろう」という意味から命名されました。

-理想的なゴールキーパーとは-

理想的なゴールキーパーとはどのようなゴールキーパーでしょうか。

ルールの改正や戦術の進化によってゴールキーパーに求められるものは常に変化しています。

その中で、チームを勝利に導くことができるゴールキーパーは、理想的なゴールキーパーのひとつでしょう。

そのためにゴールキーパーは専門的なトレーニングを行う必要があるのですが、まだまだそういったトレーニングを受ける機会が少ないというのが現状です。

-専門的なトレーニングの必要性-

近年、ゴールキーパーコーチという役割の指導者が増えたことは間違いありません。所属チームにゴールキーパーの指導ができるコーチがいることも珍しくなくなってきました。とはいえ、まだまだ多いとは言えません。

正しい姿勢やボールの掴み方、倒れ方、起き上がり方等、見よう見まねではできるようにならないことがあります。そしてそれは早く身につければ身につけるほど良いとされていて、特にU-11、U-12の年代はゴールデンエイジと言われるほど重要な年代となります。技術が向上すればチームを勝利に導けるプレーヤーに近づけます。

ゴールキーパーのテクニックはフィールドプレーヤーのテクニックとは全く異なります。ゴールキーパーの指導方法についてきちんと身につけた指導者からの指導を受ける必要があることは必然です。